中華料理

中華料理レシピ集 魚(魚介)料理

ここでは、中華料理レシピ集 魚(魚介)料理 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
干貝蘿蔔丁(カンペイルッポテイン)・・・ 干し貝柱と大根の角切りスープ煮

中華料理のダシとして、また具としても活躍するのが、「干貝(カンペイ)」と「蝦米(シアミー)」です。「干貝(カンペイ)」は、帆立貝やタイラ貝などの貝柱を乾燥させたものです。「蝦米(シアミー)」は、小エビを干したものです。日本のサクラエビと違い、身が固いのが特徴です。そのため戻したものは、殻と足を取り除いて用います。もどし汁ももちろん活用します。

ご紹介する、「干貝蘿蔔丁」の「丁」は、さいの目切りを意味します。中華料理店では大根を丸くくり抜いて用いますが、家庭では無駄なく角切りにします。白く透き通った大根に、とろみのある口当たりがなめらかな上品な一品です。


干貝蘿蔔丁(カンペイルッポテイン)・・・干し貝柱と大根の角切りスープ煮

◆材料(2人分)
・大根・・・150g
・干し貝柱・・・1個(干しえびでも可)
・ぬるま湯・・・1/4カップ
・中華だし・・・3/4カップ
・酒・・・大さじ1/2
・砂糖・・・小さじ1/4
・塩・・・小さじ1/3

〈水溶き片栗粉〉
・片栗粉・・・大さじ1/4
・水・・・大さじ1/2

◆つくり方
1.干し貝柱を分量のぬるま湯で30~60分つけてもどしたあと、ほぐしておきます。
2.大根は1cm角に切り、沸騰したお湯でさっとゆで、水気をきっておきます。
3.鍋に中華だしと干し貝柱のもどし汁、酒を入れて、1を加えてから2の大根を入れます。
4.強火にし、煮立ったら弱火にしてアクを除きます。ふたをずらして大根が透き通ってくるまで20分ほど煮ます。
5.4に砂糖と塩を加えてざっと混ぜ、強火にして水溶き片栗粉を加え、再び煮立ったら出来上がり!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。