中華料理

2011年10月

ここでは、2011年10月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青椒牛肉絲(チンジャオニウロースー) ピーマンと牛肉の細切りいため

日本の中華料理店では、ピーマンと牛肉を細切りにして炒めたものを「チンジャオロース」としているところが多いように思われます。しかし、本来、青椒肉絲(チンジャオロース)の、「青椒」とはピーマン、「絲」は細切りのことを意味します。そして、中国(漢民族)にとって、肉といえばそれは「豚肉」をさします。つまり、青椒肉絲(チンジャオロース)は、ピーマンと豚肉の細切り炒めのことなのです。
日本でお馴染みの牛肉版は・・・青椒牛肉絲(チンジャオニウロースー)が正式な名称です。
同じつくり方で、豚肉(赤身薄切り肉)を使って、青椒肉絲(チンジャオロース)も挑戦してみてくださいね。

青椒牛肉絲(チンジャオニウロースー)・・・ピーマンと牛肉の細切りいため

◆材料(2人分)
・牛肉(赤身薄切り肉)・・・100g

・ショウガ汁・・・小さじ1/3
・しょうゆ・・・小さじ1/2
・酒・・・小さじ1/2
・片栗粉・・・小さじ1
・油・・・小さじ1

・ピーマン・・・大3個
・ゆでたけのこ・・・30g
・ニンニク・・・1片
・ネギ・・・3cm
・油・・・大さじ21/3


〈合わせ調味料B〉
・砂糖・・・小さじ1/3
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ2
・酒・・・大さじ1/2

・ごま油(仕上げ用)・・・小さじ1/3

◆つくり方
1.牛肉は長さ5cmの細ぎりにし、酒、しょうゆ、ショウガ汁で下味をし、片栗粉と油を振り混ぜておきます。

2.ピーマンは縦半分に切りってタネを除き、縦に細ぎりにします。たけのこも同様に細ぎりにします。ニンニクはぶつ切り、ネギは5mm角の粗みじんにします。

4.合わせ調味料の材料を混ぜて、用意しておきます。

5.中華なべをよく熱して、油大さじ1を入れて、ピーマンを加えてさっといためます。
*ここでピーマンを入れる前にほんの少し、塩を入れるとピーマンのうま味と色づきがよくなります。

6.ピーマンをなべの端に寄せ、油を足してニンニクとネギをいため、香りを出します。

7.6に肉をほぐしながら入れ、さらにたけのこを加えます。

8.合わせ調味料を加えてよく混ぜ、最後にごま油を回しかけてざっと馴染ませたら、出来上がり! 熱々を、こんもりとお皿に盛り付けましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。