中華料理

ナンクアテイエンカオ・・・カボチャようかん

ここでは、ナンクアテイエンカオ・・・カボチャようかん に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナンクアテイエンカオ・・・カボチャようかん

小豆の羊羹(ようかん)と異なり、カボチャのオレンジ色が美しい羊羹です。くず粉とエバミルクを加えることでなめらかで優しい舌ざわりになります。カロチンが豊富で栄養満点なカボチャ。カボチャ本来の甘さで、さっぱりとしたデザートです。

ゆでるのではなく、蒸すのがコツ! 甘みが増し、水っぽくなりません。栄養も逃げずにおいしく仕上がります。

ナンクアテイエンカオ・・・カボチャようかん

◆材料(13cm×13cmの流し缶1個分)
・カボチャ・・・皮とタネを除いて150g
*完熟した西洋カボチャがお勧め。日本カボチャよりも甘みが強くほくほくしています。
・砂糖・・・130g
・水・・・3/4カップ
・エバミルク(無糖練乳)・・・大さじ2
・くず粉・・・60g
・水・・・大さじ4

◆つくり方
1.カボチャは厚さ2~3mmのくし型に切ります。(皮とタネ、わたは除きます)。蒸気の上がった蒸し器に並べ、柔らかくなるまで強火で10分蒸し、熱いうちにこします。
★コツ!
もっと手軽に作るには、電子レンジでチンしてもOK!

2.ボールにくず粉を入れ、水を少しずつ足しながら、だまにならないように溶きます。
3.1で裏ごししたカボチャを鍋に入れ、砂糖を加えて火にかけ、水を少しずつ加えます。
★コツ!
水は徐々に加え、溶き緩めてゆく感じにするとなめらかに仕上がります。

4.3のカボチャがふつふつと煮立ってきたら、火を弱め、混ぜながら3~4分煮て、再度裏ごしします。

5.流し缶を水でぬらし、4を流しこみます。

6.蒸気の上がった蒸し器にいれ、ぴったりとふたをして強火で15分蒸します。

7.流し缶を取り出し、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やします。食べる直前に切るとよいでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。