中華料理

蕃茄蝦米湯(ファンチエシアミータン)・・・トマトの干しえびスープ

ここでは、蕃茄蝦米湯(ファンチエシアミータン)・・・トマトの干しえびスープ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕃茄蝦米湯(ファンチエシアミータン)・・・トマトの干しえびスープ

中華料理でよく使用される食材のひとつに「蝦米(チャーミー)」・・・干しエビ・・・があります。味を出すために使われます。そのまま野菜と炒めるとうま味が出てGood! 湯や酒でもどし、刻んでギョウザやシューマイに混ぜるとコクのある味わいになります。具にも、ダシにもなる優れものです。

◆材料(2人分)
・トマト(完熟のもの)・・・1個(150g)
*完熟のものがないときは、トマトケチャップ大さじ1/2を加えて甘みと赤い彩りを増しましょう。
・青梗菜(チンゲンサイ)・・・1株(80g)
・玉ネギ・・・1/2個(80g)
・油・・・大さじ11/2
・干しえび・・・大さじ1
・水・・・3カップ
・塩・・・小さじ1
・酒・・・小さじ2
・コショウ・・・少々

◆つくり方
1.干しエビはヒタヒタの湯に10分ほどつけて柔らかくし、足と殻を取り除きます。戻し汁はあとで使います。
2.トマトはヘタを除いて8つ割りのくし型にします。
3.玉ネギは1/2個を4つのくし型に切って、ばらばらにほぐしておきます。
4.チンゲンサイは軸と葉に切り分け、軸のほうは根元を8つ割りします。
5.鍋に分量の水を入れて火にかけ、干しエビをもどし汁ごと加えて5~6分煮ます。
6.中華なべに油を熱して、玉ネギ、チンゲンサイの軸をまず入れて、しんなりしたらトマトを加えます。玉ネギが透き通り、トマトの赤みがつくほどになったら、5を干しエビごと注ぎいれます。
7.チンゲンサイの葉のほうを加えて、煮立ったら、塩、酒、こしょうで味を調え、出来上がり!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。