中華料理

鮮肉焼売(シェンロウシャオマイ)・・・シューマイ

ここでは、鮮肉焼売(シェンロウシャオマイ)・・・シューマイ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮮肉焼売(シェンロウシャオマイ)・・・シューマイ

焼売(シュウマイ)は、餃子と並ぶ、日本でもお馴染みの中華料理、点心のひとつです。蒸したてのほかほかはいくつでも食べられそうですよね。本場中国や香港では、豚にひき肉とエビのみじん切りを主体として作ります。カニや牛肉を入れるというバリエーションもあるようです。ちなみに・・・日本では上にグリーンピースがのっているのをよく見かけますが、中国ではのせないようです。また、揚げシュウマイも日本独自のアレンジです。

蒸したものを冷凍しておき、揚げたり、粗ぎりにしてチャーハンに混ぜても良いですね。

材料に用いられている「甜麺醤(テンメンジャン)」は、甘く(甜)、小麦からつくった(麺)、味噌(醤)で、中華料理の調味料のひとつです。日本の八丁味噌に似ているかもしれません。ただし、八丁味噌は豆味噌です。手に入らない場合は、味噌にお砂糖とごま油を入れて代用してみてはどうでしょう?

鮮肉焼売(シェンロウシャオマイ)・・・シューマイ

◆材料(2人分)・・・12個分
・豚挽き肉(赤身:脂身・・・8:2)・・・100g
・玉ネギ・・・40g
・片栗粉・・・大さじ1強
・卵・・・1/4個
・ゆでたけのこ・・・25g
・干ししいたけ・・・1枚(水でもどす)
〈A〉
・油・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1/4
・酒・・・小さじ1/2
・カキ油・・・小さじ1/2

〈B合わせ調味料〉
・しょうゆ・・・小さじ1
・甜麺醤(テンメンジャン)・・・小さじ1/2
・砂糖・・・小さじ1弱
・酒、ごま油・・・各小さじ1

・シューマイの皮・・・12枚
*からし酢じょうゆ(しょうゆ:酢=2:1 溶きからし少々)

◆つくり方
1.玉ネギはみじん切りにして、きつく絞ったぬれ布巾で十分に絞り、水分をよく除いたあと、片栗粉をまぶしておきます。
★コツ! 
片栗粉をまぶすことで肉と混ざりやすくなります。

2.たけのこ、しいたけ(軸を除いておく)、はみじん切りにしてざっといためて〈A〉で調味します。

3.豚挽き肉に〈B〉と卵を加えてよく混ぜ、練ります。

4.3に1と2を加えて混ぜ、12等分にします。

5.シューマイを皮で包みます。
★コツ!
左手を軽く握り、親指と人指し指で輪を作ります。その上に皮を一枚置き、4の具をひとつ中央に置いて軽く輪のなかに押し込むようにします。同様にして全部で12個作ります。

6.蒸気の立った蒸し器に巻きすをおき、薄く油を塗って等間隔に5のシューマイを並べます。ふたをして強火で一気に8~10分蒸します。
★コツ!
巻きすの代わりに白菜やキャベツ、青梗菜などの葉を3~4枚敷いてもいいですね。最後に付け合せとしていっしょに食べてしまいましょう!

7.蒸しあがったら熱々をお皿に盛り、からし酢じょうゆで召し上がれ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。