中華料理

ニュウナイトウフ・・・牛乳のかんてん寄せ

ここでは、ニュウナイトウフ・・・牛乳のかんてん寄せ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュウナイトウフ・・・牛乳のかんてん寄せ

中華料理のデザートを「甜点心(テイエンテイエンシン)」といいます。その甜点心でトップの座を占めるのが、ニュウナイトウフです。日本の中華料理でお馴染みの杏仁豆腐はアーモンドミルクのかんてん寄せですが、こちらは、牛乳を使ってつくります。牛乳の白さにレモンの皮の黄色が美しく、エレガントな一品です。こってりとした中華料理の後の、さっぱりとしたのど越しが人気の理由でしょう。

ニュウナイトウフ・・・牛乳のかんてん寄せ

◆材料(12人分・・・棒かんてん1本による分量)
・かんてん・・・1本(8g)
・水・・・2カップ
・砂糖・・・120g
・牛乳・・・2カップ
・アーモンドエッセンス・・・小さじ1

〈シロップ〉
・砂糖・・・160g
・水・・・4カップ
・レモンの汁・・・1個分(60cc)

・レモンの皮のすり下ろし・・・飾り用 少々

◆つくり方
1.かんてんは洗って水に30分以上浸しておきます。

2.分量の水に、細かくちぎった観点を加えて、火にかけます。かんてんが完全に溶けてから、砂糖を加えて煮溶かし、こし器でこします。

3.別のなべで牛乳を人肌程度に温め、2のかんてん液に混ぜます。
*牛乳は人肌に温めると牛乳特有の臭みが消え、仕上がりも滑らかになります。冷たいままではかんてんのかたまり方にむらができてしまいます。

4.3にアーモンドエッセンスを加えて、良く混ぜ、器に流しいれ、冷やし固めます。
*香り付けのアーモンドエッセンスは、熱いなかに入れると芳香が逃げてしまいます。必ず火からおろしてから加えます。
*牛乳液を流しいれる前に、器をぬらしておくと、あとできれいに取れます。

5.シロップの砂糖と水を弱火で煮詰め、冷ましてからレモン汁を混ぜて冷やします。

6.4にひし形に包丁目を入れ、5を静かに入れて、レモンの皮を散らします。
*包丁は少し寝かせ加減で入れ、完全に切れるようにします。シロップを入れたときにふわっと浮き上がり、さざ波のようになれば合格!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。